2008年01月14日

ことよろ。

久々の更新。
なまけすぎてて、うっかりプロフィールの年齢がずっと「24歳」のままになっていることすら気づかなかった。

はい、私は5月生まれの25歳です。

では、今年最初のクルマの話題。
 

インドにある「タタ・モーターズ」という自動車メーカーが、世界最安の量産車「ナノ」を発表した。
価格は10万ルピーで、日本円で約28万円。今年中に販売を開始する。

「4人家族が一台のスクーターで移動しているのを見たことがある。父親が運転し、子供が父親の前に立っていて、母親が父親の後ろに座り、赤ちゃん抱いていた。この経験から、安全で、安価で、天気が悪くても使える移動手段をこのような家族に供給するためにはどうしたらいいのか考えるようになった」ことが「ナノ」プロジェクトのきっかけと社長は振り返る。

環境や安全性能などにも配慮しているという。

日本でもかつてスバル360が庶民にも買える「国民車」として愛されたが、このクルマがインドにも根付くのかどうか。

ちなみにタタ・モータースがスバル360を開発した当時の富士重工業と違うのは、すでにジャガー・ランドローバーブランドの買収を表明するなど、世界でも有数の自動車メーカーであるということだ。

Tata Motors - HomePage



posted by MARCH at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。